こんにちは。ざらあしです。

ついに2016年も本日で終わりですね。早いですなぁ。
大晦日だということで、恐れ多くも私も今年を振り返ってみる系の記事を書いてみようと思います。

書くことざっと

  • 2016年の振り返りを簡単に
  • 熱中できるものがあることの希少性
  • 頑張ることを楽にする考え方
スポンサーリンク

2016年の振り返り

振り返ると言っても専業になってからの3か月間なので薄い薄いと思い、それとなくザッとにしておきます。

収益のはなし

今年9月に仕事を辞めて専業アフィリエイターになり、今日この日までなんとか生きて来られました。

なんだかんだ、ギリギリ生活できる位の収益は得ることができた3か月間でした。
来年どうなるかは全然わかりません。お金ほしいです。

どれだけやってたか、のはなし

Webサイトを作って運営することが昔から何より好きなので、どんどん記事を書いて、どんどんWebデザインやコーディングの知識を入れた年でした。

1日に最低10時間は作業する毎日。たまに落ち込んで1日作業が出来ない日もあったけど、それでも翌日には「さっ!記事書こ!」と起き上れる、ありがたい日々が続きました。

こんなに熱中できること、あるんだ・・・?(ドン引き)

という感じで、毎日毎日自分でも気持ち悪いワァ~~と思いながら、レノボのキーボードをペコペコ叩いていたのです。
(キーボードの掃除もしなきゃ、、、汚ねぇ)

スキルのはなし

正確にいつ頃からサイトを作って記事を書くようになったのか、もう忘れてしまったのですが、少なくともWordpressをちゃんと自分でインストールして使えるようになったのは、今年の7月でした。

それまでは自分でちまちまHTMLのサイトを作ってました。これも当時はレスポンシブなんか全然対応出来てなくてね。
Web制作のことを知れば知るほど、どんどん知らないことが増えるという、訳わかんない事態に陥りました。

情報を効率良く手に入れるには、現場に聞け!の精神で、Twitterを始め現役Webデザイナーの方々、目指されている方々をフォローさせていただいたのでした。
Twitterを始めたことは私の過去に例を見ない正しい判断でしたね。猛烈な速さで情報をキャッチすることができました。

そして、同時に「この方達のようになりたい」と思ったりもしたりして。
ますます勉強に身が入るきっかけとなりました。本当にありがとうございます。

趣味が無いこと、熱中できるものが無いことの辛さ

ここで話を一転して。

「好きなことを仕事に」という話は、よく聞きますね。
自分が仕事を辞めておいて言うのもなんですが、「どうしてもやりたいと思える好きなこと」ってそんな中々見つからないよなぁと思います。

やりだしたら止まらなくなった

私は中学生の時から、「ホームページを作ること」が好きでした。
何かわかんないけどとにかくハマってたんですね。無駄に20サイト位持ってました。(今思うと量産しすぎだろと思いますが、、)

大学で全然違う方面に行き、サイト制作から離れはしましたが(なんとPCでネットが使えない環境に4年間いた!)、社会人になってまた沸々と「サイトを作りたい」という気持ちが芽生えたのでした。

実際またやり始めると、止まらなくなってしまいました。

PCの前で何時間も、寝る時間になってもずーっと座り続け、サイトのデザインを考えたり、調べたり、コーディングしたり。
スマホでは主に情報収集。kindleで技術本を読み、Web制作やマーケティング、SEOに関する記事を読み漁る日々。

自分でも、止められませんでした。仕事中もサイト作りのことばかり考えてしまいました。

それでも何でそんなに好きなのか分からない


自分でも何故そんなに寝食忘れて熱中できるのか、全然分かりませんでした。
というか、今も分かってません。
ただ「楽しいから」でしかないのです。

オムライスが好きなのに理由なんて要らないように、ただただ「なんかコーディングとかWebサイトのデザインを考えるのが好き」なだけなんですね。
なーんにも、特に深い意味なし。
ただただ楽しいだけ。
何か知らんけど勝手に熱中してるんです。面白くて。

自分って幸せだったんだ~と気付いた日

私は好きなものに打ち込めるということを、普通だと思っていました。

姉の話なんですけど、
「ざらちゃんは良いよね、趣味があって」
と、姉から何度もそう言われたことがあります。

姉は昔から私より要領も良く、友達も多く、(同じ遺伝子にしては)美人だし、彼氏もとっかえひっかえ(?)だったし、いつも旅行とか行ってるし、正反対な私からすると、「羨ましいなぁ」と思う存在でした。

そんな姉から、私のことを「羨ましい」と言われたのです。
はぁ?なんでねん。と最初は思っていました。

でも、よくよく話を聞くと、姉は本気で悩んでいるという事が分かったのです。

「熱中できることがない。何もかも忘れてこれだけは、というものがないのが辛い」

姉のその辛さを知った時、「私って幸せだったんだ」と初めて実感したのでした。

熱中できるものがある人はそれだけで幸せかもしれない

隣の芝生は青いのかもしれませんが、少なくとも何かに打ち込める趣味や、寝食を忘れて熱中できるものがあるって、実はめちゃくちゃ幸せなことだったんだと気付く訳です。

もちろん途中で挫折して辞めちゃったりしたこともあるんだけど、それでも「またやってみたい」と思える程の対象があるというのは、結構有り難いことだったんだなぁと。

そして、裏を返せば「熱中できるものが特に無い」人が悪い訳でも劣ってる訳でもなんでもない事に、改めて頷けたのでした。

自分が好きだからと言って、人も好きとは限らない

「私は料理が好き。卵焼きは厚焼き玉子をふわふわに焼きたいの」

お料理、とりわけ「卵焼き」に対してすごい情熱を持った人がいるとしましょう。
その人は、とにかく卵焼きを焼くのが上手かったり、好きだったりするのです。

でも、その人には卵焼きを上手に焼けないお友達がいます。
そのお友達は、正直「卵焼きなんて、とりあえず巻いとけば良いだけでしょ」としか思っていません。

卵焼きが好きな人は、そのお友達のことを傍から見ていて、「どうしてもっと綺麗に焼こうとしないの?」と思ってしまったのです。

「もっとお料理上手になった方が良いんじゃない?」

更に、段々とこんな気持ちになってきます。

「どうしてこんなに素晴らしいスキルを、彼女は身に付けようとしないんだろう?」

好きなことは「好きだから」で良い

卵焼きとかいうお腹が空く例を出して大変恐縮ですが、要はこういうことです。

自分が好きなことは、「ただ好きなんだ」でよろしい。
好きなことを人に押し付けても仕方がない。
分かってもらおうと自分の頑張りを説いても、例えそれで「ふーん」と言われても、仕方のないことだ。

自分がそのことを好きになったのは、単なる運なのだと思うのです。
人生の中で、その事柄に出会える確率、またそれを好きになる確率、ずっと好きで居続ける確率、そして仕事や結婚・出産・親の介護があっても続けられる確率。。。
そのすべての確立を掛け合わせた数字は、ひょっとしたら、年末ジャンボ宝くじの1等7億円当選より低いかも知れません。

年末ジャンボ宝くじ 1等7億円の当選確率: 2,000万分の1
※自分が今年生まれて初めて年末ジャンボを買ったから嬉しげに書いているだけです。

私がサイト制作や運営を好きになったのは、単なる偶然だったんだと思うのです。

全然、自分がすごいという訳ではない。
だからこそ、好きになれたことを貴重だと思います。
ただ「好きだから」で良いんだな~~と。

好きなことに打ち込める時間と財力と健康があるということ

  1. 好きだと思えるものがある
  2. その好きなものに、気兼ねなく時間を割くことが出来る
  3. その時間を作るだけの財がある
  4. 好きなものをずっと好きだと思い続けることが出来る健康がある

上記4つの事項がすべて揃う確率って、そう高いものでは無いのではないかと思うのですね。

また、私はこの4つの内、一番大事なのは「健康」だと考えています。

健康とはもちろん身体のこともありますが、見落とされがちなのは「心の健康」です。
心が正常でない時は、本当になーんにも好きだと思えません。
運よく好きだったものがあったとしても、例えばうつ病になってしまったとしたら、そのすべてを失うことになります。

心の不調というのは、どこまでも底の見えない落とし穴だったりするんですね。

健康とか周りの人とかの重要性

心身ともに健康で居られて、かつ、好きなことに時間を割くことができる環境に居る。

思うに、これはとてつもなく貴重なことなのだと。
気付けば忘れていたりするのですが、自分が実は幸せだったということを、これからもずっと忘れないでいようと思うのです。

逆に言えば、何かのきっかけで今の状況が正反対になってしまっても。
幸せじゃなくなっても、それはそれでただの運なのかもしれない。
悪い運を自分で引き寄せたのかもしれないし、あらかじめ決まっていたことなのかもしれない。

あらかじめ決まっていた運命もあれば、自分で操作できる運命もある。
頑張っても無理なことはあるから、自分で操作できる所だけにフォーカスして、最大限の改善を目指せばよいか、と思う次第なのであります。

すべては自分のために

人のために、誰かのために、って考えて行動すること・ものづくりをすることは、尊いことだと思います。
でも、「私が○○してあげたのに!」という恩着せをする位なら、人の為なんて一切思わない方が良いです。

私はいつの日からか、すべての事柄を「自分ために」やるようにしました。
そうすると、「すべてが自分のため」なので、誰かのためだけに無理をして頑張りすぎることが無くなりました。

「誰かのためになること」とは、結果だと考えたんですね。
ぜーんぶ、「自分のためになること」をすれば良いんですよね。

誰かのためになることは、結果的に自分のためになることだったりもしますから。
この順序をひっくり返して、「自分のためにしたこと」が「結果として誰かのために」なる行動をする。

そうすると自分も成長出来るし、「誰か」に自分の頑張りを分かって欲しいなんて思わなくなる。
順序を入れ替えたことで、先に「自分の利益」を手に入れる事になるからです。

要は満足しちゃうんですね。初めから「自分のためだ」と思ってやってると。

こーんな考え方が出来るようになって、私は随分楽になりました。

昔からよく誰かに尽くし過ぎてしまう人は、人からの愛情に飢えていて、その穴っぽこを埋めるために「誰か」に尽くします。ただ褒められたくて。
尽くす対象は誰でも良かったりします。愛情さえもらえれば。
それを悪い人に利用されてボロ雑巾のように捨てられて自分だけが損をする状況っていうのを、とにかく断たねば一生しんどいままです。
そういうのを私は昔やっちゃって、雑巾どころか消しゴムのカスみたいになってしまったこともありましたw
そもそもそれって、本当に「人のため」だったかな??と思い返して、違うなと気付く訳です。

「自分が行うあらゆる行動は、すべて自分の為である。」

こう思って日々過ごしているだけで、なーんとなく楽~~に生きられるようになりましたよ、ということを少し、どこかで書きたかったのです。

年末だし折角だからペロッと書いてみました。

これからのあざらしっく

実は、このまま専業アフィリエイターとしてやっていこうとはまったく思っていません。
言い方は悪いけど、腰掛けみたいな風に考えたりしています。

アフィでお金を貯めて、いずれは事業を起こしたい。
兼業としてアフィも続けると勉強になるしお金にもなるし良いと思ってはいるんですけど、自分の時間をもっと上手に効率よく動かさないといけませんね。課題です。

え~~~~~でもやっぱお金いっぱい稼げたらライザップ行きたいなァ~~~~!
あざらしからイルカくらいには痩せて成長したいかも。とか思います。🐬
(いるかはかるい)

長い記事を読んでいただいてありがとうございました。
そして、今年運よく出会うことが出来た方々に、心からのお礼を申し上げます。
来年もまっすぐ、成長したいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

では!今年最後の〆サバちゃん!🐟

スポンサーリンク